忍者ブログ
クリックで救える命がある。



WordPressの運用に特化したクラウドサービス『wpXクラウド』
WordPress専用高速サーバーなら Z.com WP
【レイコップ】安心の2年保障は公式ストアだけ!
とっきーのブログ。アークシステムワークスのゲームやスチームゲームをやってます。
 みんなは制空圏という言葉は知っているだろうか?
中国拳法の考え方の一つで、
「自身のパーソナルスペースを決め、そこに入ってきたものは確実に掴み、叩き、潰す」というものだ
恐らくは集中力を絞り込む為に、意識する場を限定してるのだと思われる。

今日は防御面での投げの使い方もよく似ていると思った。
というのも投げ間合いでのダストアタックを私がとっさに投げで返したからだ。
そのダストアタックも出した瞬間は投げ間合い内ではなかったが、ダッシュ慣性で間合いに入ったところを反射的に投げていた。
普段から投げ間合いを意識する練習はしていたが、今日は防御時の投げ返しがよくきまった。

起き上がりにやや遠くからダッシュしてくる敵がいるとして、この場合打撃と投げの両方が考えられる。
その場合は投げ間合いのみを意識して、そこに入ったなら確実に投げるという防御アイデアが考えられる。
これを「投げ制空圏」と名づけよう。
しかしリアルの制空圏の習得も難しいであろうが、これもなかなか難しい。
なぜなら「間合いに入った」と認識してからでは遅いからだ。
脳が命令してから指が動くまでのタイムラグで数フレームはあっというま過ぎてしまい投げられたりカウンターを取られたりしてしまうだろう。
なのである程度予想する事が必要だ。

「このダッシュのスピードならこのタイミングで押せば投げられる」という計算を普段から練習した方がいい。
ドラムマニアをやった事のある人なら、チップが落ちてくるタイミングをはかるのと同じ要領だ。
投げ間合い手前で停止して打撃などもありえるので、タイミングは多少遅れ気味てもいい。
最悪投げぬけできればOKな気持ちで。
ただしコマ投げを持っているキャラにはこの防御法はうまく機能しないかもしれない。
間合い外から投げられる可能性が十分にあるから、そもそも成立しない状況がでてくるので注意しよう。

また立ち回りの技の出し合いでも投げ間合い内であれば自然と出るように練習するのがいい。
混戦になっていつのまにか密着間合いになっている事はたまにあることだからだ。
投げる場合は常に通常技仕込みが望ましい。

まあファジイ安定ですけどねー(=∀=)

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[03/13 クッセー]
[03/11 赤肉]
[03/12 この名無し野郎がっ!]
[03/09 この名無し野郎がっ!]
[04/04 名無し]
最新トラックバック
(10/03)
(09/26)
プロフィール
HN:
とっきー
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1981/12/17
職業:
いち勤労者
趣味:
仏教・格闘ゲーム
自己紹介:
大阪生まれの大阪育ちです。
一つよろしく!
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析

Copyright © [ TOCKY's DAYS of GAME ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]